ブログ
Oct 11, 2022

喜多方アート自由市2022 〜 アーティスト 紹介 4

渡辺 綾

1986 年宮城県仙台市に生まれる
2005 年宮城県宮城野高校美術科卒業
2012 年東北芸術工科大学美術科卒業
2014 年東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻修了
宮城県仙台市在住

メッセージ

 「⼭」を描く作家として⼭形以外の地域にもフィールドワークの範囲を広げていきたいと考えています。ところ変われば、⼭の景⾊も⼈々の暮らしも変わる…実際に⼭を歩き、⼈々に出会い、その⼟地の歴史や⾵⼟を知る…そこから、また新しい作品のアイディアが⽣まれるのではないかと考えています。

こんなオファーがあったらいいな…

・〇〇山をご案内します!
・街や里山を案内&解説付きで散策!(『ブラタモリ』的な感じで…)
・手仕事体験(織・木工・藁細工…などなど)

Posted in イベントComments Closed 

 

Oct 11, 2022

喜多方アート自由市2022 〜 アーティスト 紹介 3

竹原 雅

岐阜県本巣市出身
東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース在籍

メッセージ

 動物と植物が好きでよく描いています。作家としての描いていくコンセプトや明確な目的はまだ探している途中ですが、絵という媒体を通して共有される喜びや悲しみ、情感などの感覚の共有に興味があり、最近はものや生き物と出会った時の感動を見る人にも伝わるような絵を、対象と地道に向き合うことで達成されないかなと考えながら制作しています。高校の時に出会った岩絵具の色の美しさに惹かれ、大学では日本画専攻に所属しています。

こんなオファーがあったらいいな…

・食べ物でも場所でもいいです。一押しの喜多方を教えてください。一緒に行きませんか。
・あなたのお家の動物をスケッチさせてください。
・高山植物が見たい!山に一緒に登りたいです。
・絵を見た感想が聞きたいです。
・陶芸やってみたいです。
・釣りにはまってます。山でも海でも一緒に釣りがしたいです。

Posted in イベントComments Closed 

 

Oct 11, 2022

喜多方アート自由市2022 〜 アーティスト 紹介 2

石黒 光

山形県米沢市生まれ
東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース在籍

メッセージ

 自分の強みは、痛みへの理解だと考えています。身体へ直接訴えかける痛み、精神に残り続ける痛覚、これらは滞在的感覚として、形を変えながら、自分の中を循環し、日々のエネルギーへと変わります。
 人間の目の奥に宿る温度やホンモノを見つめ、私自身を探し出すために、日本画という絵画表現にて研究を重ねながら、描き続けています。

こんなオファーがあったらいいな…

・自分の作品を好きだな~と思ってくださる方とお話がしたいです。
・おすすめの身体を休められる場所を教えて頂きたいです。
・もふもふしているぬいぐるみの作り方を教えて頂きたいです。
・野菜やお漬物が苦手なのですが、克服したい気持ちはあります。そんな私でも食べれるお料理レシピを教えて頂きたいです。
・綺麗な石、要らない布や木材の端っこ、など制作に使えそうな物の提案をして頂きたいです。

Posted in イベントComments Closed 

 

Oct 11, 2022

喜多方アート自由市2022 〜 アーティスト 紹介 1

青木 みのり

1991年、山形県生まれ
2016年、東北芸術工科大学大学院洋画研究領域修了
現在、山形県を中心に活動中

メッセージ

 山や自然が持つ「理不尽さ」や「暴力性」、あるいは「災害」といったものをテーマとした平面作品を制作しています。「自然の脅威」と「それに伴う現象の美しさ」という、相反する2つの要素を、1つの場面に描こうと研究を重ねています。
この山がちな国で暮らす限り、「美しき山々-あるいは自然-」をただ慈しむだけではなく、その脅威と向き合い、乗り越える必要があるのではないか-と考えています。

こんなオファーがあったらいいな…

・喜多方にまつわる「災害」についてファシリテートします。
・ワークショップをプロデュースします。
・フライヤー等、印刷物・広報物のデザイン承ります。

Posted in イベントComments Closed 

 

Oct 2, 2022

喜多方レシピごはん会

写真はイメージです

「石原 葉 展 喜多方レシピ」関連企画
アーティストの石原さんが喜多方の食に興味を持たれたことをきっかけに、いろいろな方に取材を行い、その体験を基に制作された作品群の展覧会「石原 葉 展 喜多方レシピ」。取材の中で出会った人、食材にちなんだ料理を囲み、喜多方に集まったアーティストとみんなで食するおしゃべりご飯会を開催します。

日 時 10.15(土) 19:30〜21:00
場 所 ⼤和川酒蔵 北⽅⾵⼟館 昭和蔵
定 員 30名(事前申込みが必要です)
参加費 2000円(ごはんとお茶※要予約)

[食堂つきとおひさま menu]
・発酵水ぎょうざ
・もっちり丸ぎょうざ
・喜多方旬野菜のカラフルサラダ
  ニシンの山椒漬けドレッシング
  豆腐ドレッシング
・とうふ屋おはらのざる豆腐
・さつまいものおやつ

[石川あい menu]
⁡・「自由なドライポークカレー」

石川あい
東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科出身
スパイスに魅了され独学でスパイス料理を研究している。
2023年に山形市内でカレー屋を開業計画中。

[川合菜南子 menu]
・「陽気なシュレッドビーフタコス」

川合菜南子
東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画出身。
喜多方市在住のアーティスト。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

Posted in イベントComments Closed 

 

Sep 29, 2022

喜多方アート自由市2022

アートの「価値」ってなに?
誰が、どうやって決めるもの?

【日時】2022年10月15日(土)15:30〜17:30
【会場】大和川酒蔵北方風土館昭和蔵
【参加費】無料 ※事前申込者優先
【主催】空のある生活
【協力】アートプロジェクトチーム YAMI-ICHI ( 闇市 )/新北方美術倶楽部/食堂つきとおひさま

[地域おこし協力隊といっしょに作るプロジェクト]

お金のいらないアートオークション。
あなただからできるコト、モノをアート作品と交換。

 「喜多方アート自由市」は、アーティストの人となりやストーリー、これからの展望などを直接聞き、お金では替えられない特別な支援を考えたり、新たな関係性を構築する機会となります。
 通常はお金により価値が決められるアート作品ですが、このイベントでは参加者自身の想像力が問われます。「蔵を制作場所に」、「あなたのポートフォリオの英訳をします」など、あなただからできることがアーティストにとってお金より価値のあるもの、手助けになるものになるかもしれません。

 「お金のいらないアートオークション」は、アートプロジェクトチーム YAMI-ICHI (闇市) が長年取り組んでいる試みです。『アートをお金で取引するという、既存の市場における概念とは異なる方法で一人一人が作品に対して自由に考える「価値」が交換される場を創出する事を目指す』、この取り組みを知った時、喜多方での芸術家支援の1つの方法として大きな可能性を感じ、チーム YAMI-ICHI の協力を得て喜多方開催を企画しました。アーティストとの出会いと触れ合いから練り出されるあなた独自の喜多方の財産を活かしたオファーを期待し、この機会をご一緒する事を楽しみにしています。

アートプロジェクトチーム YAMI-ICHI (闇市)

過去のオファー例

  • 「私の家で農家体験とお米を提供します」
  • 「私のギャラリーで、展覧会の機会を提供します」
  • 「あなたの作品に私の詩をつけます」
  • 「ロンドン旅行のアテンドをします」など…
2021年の開催の様子

参加アーティスト

青木 みのり(東北芸術工科大学大学院洋画研究領域修了)
石黒 光(東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース在籍)
竹原 雅(東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース在籍)
渡辺 綾(東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻修了)


関連企画

新北方美術倶楽部2022講座
美術のみかた・たのしみかた(第3回)

美術鑑賞のイロハを学ぶとともに、みなさんに美術への興味関心を持っていただく機会として公開講座が開かれます。

日 時 10.15(土) 18:00〜19:00
場 所 ⼤和川酒蔵 北⽅⾵⼟館 昭和蔵 
講 師 赤坂 憲雄 氏(学習院大学 教授)
    三瀬 夏之介 氏(東北芸術工科大学 教授)
    川延 安直 氏(福島県立博物館 専門員)
参加費 無料 ※予約不要
主 催 新北方美術倶楽部


石原 葉展
喜多⽅レシピご飯会

喜多方に集まったアーティストとみんなで食するおしゃべりご飯会を開催します。

日 時 10.15(土) 19:30〜21:00
場 所 ⼤和川酒蔵 北⽅⾵⼟館 昭和蔵
定 員 30名(事前申込みが必要です)
参加費 2000円(飲み物代は含まれません)


お問い合わせ

→お問い合わせはこちら

Posted in イベントComments Closed 

 

Sep 14, 2022

喜多方アート自由市2022開催決定!

アートの価値って何?
誰が、どうやって決めるもの?

10/15(土)に、喜多方で2回目となる「喜多方アート自由市」を実施します。一人一人が作品に対して自由に考える「価値」が交換される場となる「お金のいらないアートオークション」!

本来人によって多様であっていいはずの、アート作品に対する様々な受け取り方を歓迎!アーティストの人となりやストーリー、これからの展望などを直接聞き、お金では替えられない特別な支援を考えたり、新たな関係性を構築する機会となります。
アーティストへの手助けとなる『あなただからできるコト、モノ』を考えて、ぜひご参加ください!(見学だけでも大歓迎)

参加アーティスト4名が決定しましたので、順次ご紹介をさせていただきます!ご期待ください!

【喜多方アート自由市】

アートの「価値」ってなに? 誰が、どうやって決めるもの?
アートに対する様々な価値観を自由に交換するお金のいらないオークション。

日時:10/15(土) 15:30〜17:30
会場:大和川酒蔵 北方風土館 昭和蔵
参加費:無料
定員:30名 予約優先
オファー例:「私の家で1 週間夜ご飯」、「私の所有する蔵での、展覧会の機会」など…
主催:空のある生活
協力:新北方美術倶楽部 食堂つきとおひさま
【地域おこし協力隊といっしょに作るプロジェクト】
Posted in お知らせComments Closed 

 

Sep 14, 2022

石原 葉 展 喜多方レシピ

空のある教室を主催する「空のある生活」は、日常の中でアートに親しむ機会を提供するため、アート教室やアート企画のコーディネートなど様々に展開しています。新たな試みとしてギャラリーを整え、会津に縁のあるアーティストを紹介いたします。

「石原 葉 展 喜多方レシピ」では、画家 石原 葉さんの作品を展示します。石原さんは、東北芸術工科大学日本画コース在学時に、同大学チュートリアル「東北画は可能か?」の活動の中で喜多方を初めて訪れ、その後も度々喜多方を訪れて作品の発表もされています。

この企画では、石原さんが喜多方の食に興味を持たれたことをきっかけに、角度を変えていろいろな方に取材を行い、その体験を基に制作された作品群を一同に展示します。「“価値観の違う人々との共生“について考えながら制作、活動を行なっている」と言われる石原さんが、喜多方の食と人との出会いからどのように感じ、表現として表されるのか、どうぞご覧ください。

アーティスト プロフィール

石原 葉
2011年東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース入学。2020年東北芸術工科大学大学院芸術工学部博士課程修了。「価値観の違う人々と共生すること」をテーマに絵画作品を制作しながら、東北でのアートのあり方を考える集団「東北画は可能か?」に所属し、共同制作、集団運営、アーカイブブックの編集、展覧会の構成に携わる。また、2020年から演劇集団ゲッコーパレードに美術家として入団。同世代の表現者が集まったコレクティブとして演劇公演を中心に活動を行う。

[展示作品]
平面絵画、ドローイングなど 15点程

[会期]
令和4年10/8(土)〜10/16(日)
作家在廊日:10/8(土:午後のみ)、14(金:午後のみ)、15(土)、16(日)

[会場]
ギャラリー NEXTDOOR(〒966-0871 福島県喜多方市寺町南5007番地)

[開催時間]
午前11時〜午後5時 10/8は午後1時〜
(最終入場は午後4時30分まで、最終日は午前11時〜午後2時)

[休廊日] 10/10(月祝)

[観覧料]無料

[主催] 空のある生活

[協力]食堂つきとおひさま

[関連事業]

  1)喜多方アート自由市
日 時:10月15日(土)15:30〜17:30
会 場:大和川酒蔵 北方風土館 昭和蔵
参加費:無料

2)喜多方レシピご飯会
アーティストを囲んで、喜多方レシピの料理をみんなで食するおしゃべりご飯会。
日 時:10月15日(土)19:30〜21:00
会 場:大和川酒蔵 北方風土館 昭和蔵
参加費:2000円

3)喜多方レシピ ZINE 発行
石原さんが聞いてきたお話しや体験、作品等をZINE(小冊子)にまとめ、販売します。
売 場:食堂つきとおひさま

Posted in イベントComments Closed 

 

Feb 18, 2017

「BACK DOOR」 で2日間限りのアート体験!

05.backdoor正面

フリースペース「NEXT DOOR」の裏手にある建物を「BACK DOOR」と命名したのが一年前・・・。
少しづつきれいにして、2016年の夏にはアーティスト イン レジデンスの場所としても使っていただきました。

その場所を使って、2日限りのアート体験が行なわれます!
アートユニット 「ナデガタ インスタント パーティ」の企画で、
建物の中に茶室が登場!?そこを使ったお茶会を開催いたします!

webmain2

「Tea-House in the Room」
2017年2月25日(土)17:00〜20:00
2月26日(日)10:00〜18:00
*30分おきに茶室体験。
当日受付、事前予約可。問い合わせ0241-23-5188(つきとおひさま)

料金: 500円(お菓子とお茶付き)

場所: つきとおひさま隣「Next Door」と「Back Door」
〒966-0871 福島県喜多方市字寺町南5007番地
主催:喜多方・夢・アートプロジェクト運営委員会

続きを読む

Posted in イベント, 教室のことComments Closed 

 

Oct 31, 2016

森の収穫 森の食堂

sosogi201611

自然豊かな森の中で 野菜の収穫体験 と 街中マルシェ体験

喜多方の市街地からほんの少し離れた山あいに桃源郷のような棚田風景が見られる楚々木( そそぎ) 集落。講師として、数年に渡って楚々木集落に関わっているアーティストの岩間賢さん、喜多方でお店をしている方、楚々木で暮らす方をお迎えし、森の恵のあふれる場所で自然とアートをテーマにしたワークショップを実施します。1日目は楚々木で育った野菜の収穫体験と、料理体験!2日目は「喜多方おはようマルシェ」に出店し、収穫した野菜で作った料理を振舞います!
■詳細チラシ(PDF)

—————————————————————————

【日時】11月19日土曜日 9:00〜12:30
 11月20日日曜日 7:00〜10:30
【集合場所※現地集合】19日:楚々木集会所(喜多方市関柴町下柴字家ノ前)
 20日:喜多方市役所前駐車場(喜多方市字御清水東7244番地2)

対象:高校生以下(保護者同伴可、大人見学可)※要予約
参加費:こども 1000 円(軽食、保険代含む)
定員 : 30名 ※要予約
問い合わせ : 0241-23-5188(担当:五十嵐)

【スケジュール】
■19日
8:50 楚々木集会所に集合
9:00 – 10:00 野菜の収穫体験
10:30 – 12:30 収穫した野菜を使った調理体験と試食
12:30 現地解散

■20日
6:50 喜多方市役所前駐車場に集合
7:00 – 10:00 「喜多方おはようマルシェ」出店 お料理の振る舞い、アクセサリー作り
10:00 – 10:30 片付け、現地解散

・19、20日の両日の参加、または1日のみでの参加も可能です。
 お申し込みの際に希望する日にちをお知らせください。
・天候状況により、内容を変更とする場合がございますのでご了承ください。

【参加】
TEL/ 0241-23-5188にご連絡くださいませ。
FAX/ 0241-23-5188に申し込み書を送信ください。■ 申込書(PDF)

【協力】
森のはこ舟アートプロジェクト実行委員会、空のある教室

※子どもゆめ基金助成活動
※森のはこ舟アートプロジェクト2016パートナーシッププログラム

Posted in イベントComments Closed 

 

1 2 3